団長が選ぶカンボジアのワークショップで驚いたこと3選!

カンボジアに来て1週間以上が経ちました!ここらでみなさんお待ちかねLES WORLDの海外ワークショップで訪問させていただいている孤児院Hope of childrenに来て団長のしどーが驚いたこと3選を勝手に発表します!

 

1個目は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.孤児院がめちゃくちゃ広い

この孤児院、かなり広いんです

まず入り口がここ

そこから

 

ずっと、ずっと歩いていくと

講堂があります

そして犬がいます。

そこから

 

さらに歩いていくと

 

犬がいます。

 

そこからさらに歩いていくと、、、、

僕たちが泊まらせていただいているゲストハウスがあります。

これはイタリアのNGOが孤児院の収入源を作るために作ったものらしいです

あと、ベッドが木でできていて、そこに茣蓙(ござ)とタオルケット1枚をひいて寝るんですが、これがかなり硬く(ほぼ木の板の上で寝てる感じです)みんな中々寝付けずに苦戦しています。あと、蚊とダニがめっちゃいます。

洗濯はどうしているかというと

ゲストハウスからジャングルを抜けていきます

(ガサガサ)たまに何かしらの生物がいます。

 

やっとこさジャングルを抜けた先に洗濯場があります。この井戸から水を汲んで洗濯します!

ここまで歩いてくるのに15分くらいかかります。

他にも、沼があったり、猫がいたり、犬がいたり、犬がいたり、犬がいたりします。

この間まではニワトリがいたけど、犬に噛み殺されたらしいです。動物達の生存競争はかなり過酷らしいです。

あと、ためにビビるくらいでかい蛇がいます。

蛇を見たら、日本人は逃げて、子ども達は尻尾をつかみに行きます。

 

2.子ども達がめちゃくちゃ日本語を話せる

孤児院について子ども達に「Hello! How are you?」というような挨拶をすると「オハヨウ」と返って来ました

どうやら、この孤児院では日本語の勉強を普段からしているらしく、みんな英語より日本語の方が得意らしいです(ちなみに第1言語はクメール語です)

ただ得意と言ってもけっこう中途半端な日本語なので

「ミナサン、ニャンバイ(ご飯)デーース」

「ワタシ、キョウ、カフェいきマス」

「あなごん、カメ、トモダチ」

 

あなごん、は、カメ

といった感じです。

 

ということで、せっかく子ども達が日本語を勉強しているので、日本語でミュージカルをしようということになりました

子ども達は一人2行分くらいのセリフを割り当てられ、必死にそれを覚えてくれていました

 

「そうダ!!みんなをヨビモドさないと!!」

「ヤッパリ、ボクはショー団にハイりたい」

という感じでみんな、ちょっとカタコト気味でセリフを練習していたのですが

不良のセリフ「ばかばかしい!お前には何もできないんだよ!

というこのセリフだけはとてつもなく流暢にマスターして

子ども達は目が合うたびに「ばかばかしい!お前には何もできないんだよ!」と言ってきて

結構傷つきました。

(お前には何もできないんだよと言われたときのキャストの顔)

 

3.子ども達はムニ様絶対主義だった

Hope of childrenという孤児院は、お寺のお坊さんがオーナーです。なので、毎日お経を読む時間があったり、週に1回法事があったりします

そして、この孤児院のオーナーにあたるお坊さんがムニ様です。

子ども達はムニ様には絶対さからえません

 

子ども達が暴れ始めたり、言うことを聞かないと

OK go to ムニ様」というと、急に大人しくなります。

 

ちなみに、ムニ様はお祈りしたり、みんなから崇拝されたり、昼寝していたり、ひたすら携帯でバイクとか車とかの動画を見ています。

(動画を見ながら寝落ちするムニ様)

 

まとめ

ここの子ども達は、広い敷地の孤児院の中で、ムニ様教えにしたがって、日本語を勉強しながらのびのび暮らしていました!

ここで毎日子ども達とミュージカルのワークショップを作るのは本当に楽しくて最高の日々です!

LES WORLDのキャストに興味あるあなたの為のキャスト説明書 

 

LES WORLDサポーターを募集します!!