Hope of Children

 
アンコールワットを代表とする遺跡群が
今も多く残る観光大国カンボジア.
物価も安く、治安も良いとても旅しやすい国です.
現地の人々はクメール語を話します.

Hope of Children(HOC)はLES WORLDがキャスト達と訪れた最初の孤児院.
岩田亮子さんという方が運営されています.
孤児院の子どもたちが働くカフェもあり、美味しい日本食も食べられます.
寝泊まりは孤児院か、近くのゲストハウス.
子ども達は元気いっぱい!日本語が話せる子も多いのが特徴です.

孤児院の中で寝泊まりもできるので、子ども達との距離がとっても近いです.
年上の子達はかなり日本語が話せるのでしっかりコミュニケーションが取れます
孤敷地内に工場等様々な場所があり、そこを舞台にしてミュージカルを創ることができます.
 

*プログラムは国によって変更になる場合があります

キャストはそれぞれ日本を出発して現地集合.
そして子どもたちと初めてのご対面!
文化も言葉もまるで違う子どもたち.
まずは全力で遊んで、相手のことを知って
お互いの仲を深めていきます.

子どもたちと力を合わせて
作品のストーリー・脚本を考えます.

劇中歌の作詞やダンスの振りも
子どもたちと協力して完成させていきます
.
どれも世界に唯一無二のミュージカルです.

自分たちで創った楽曲の歌やダンスを練習したり
完成した脚本から配役を決めて
いよいよ演技の練習にも入っていきます.
子どもたちもキャストも1人また1人と
自分の殻を破ってチャレンジしていきます.

舞台装置や大道具小道具、衣装などの制作
子どもたちと協力して行います.
ワークショップの開催地によっては
子どもたちと壁画を描くこともあります.
その場所に皆の想いを残し続けることができます.

本番に向けて最後の調整をしていきます.
本番と同じ場所で最初から最後までの
通し練習やリハーサルを行います.
「ここをもっとこうしよう」「がんばろうね!」
そんな声も子どもたちから聞こえてきます.

いよいよ本番!ミュージカルは地域の方や
市長さんなどたくさんの方が見に来てくれます.

映画の場合は、数日に分けて撮影を行い
最終日までに編集し、上映会をします.

そして涙のお別れ会で、ワークショップは終了です.

キャンセル待ち枠のみ募集中

  

カンボジアといえばここ!
世界遺産にも登録されている遺跡です.
朝日を見にいくのがおすすめ!

ラピュタのモデルと言われている遺跡.
バイクをレンタルして遺跡を目指す
という大冒険もできます!

バーやレストランがギッシリ並ぶ繁華街.
治安も悪くなく、異国の
不思議な空気を存分に味わえます.

キャンセル待ち枠のみ募集中

 

これまで、アメリカの教育系NPOで約20カ国から
集まる100人のメンバーと、世界を巡り
パフォーマンス
をしながらグローバルな
リーダーシップ
を学んできました.
現在は「世界はこんなにも素敵で楽しい」という
想いで、国際交流を通して多様な価値観に
出会える場づくり
をしています.

小学生から表現教育のワークショップに参加.
LES WORLDでは2019年夏からフィリピンや
国内でのプロジェクトに参画
してきました.
現在は教育やコミュニケーションの分野を探究中!
高校生向けプログラムでメンターをしたり、
特別支援教室で子どもたちと日々向き合ってます!

航空券は往復で40,000円~
現地ビザの取得は30ドル(約4,000円)
*各自で取得 手続きサポートあり

現地でかかる費用の合計は
おおよそ30,000円~
(宿代・食費・観光費等を含む)

参加費 82000円(+税)
(企画料、出発前、現地サポート費用込み)
6ヶ月まで分割支払い可能(手数料無料)

海外ワークショップ、無人島100FESでは
利益の10%をLES WORLDのFUND(財団)
を通して、これまでに訪れた
孤児院・スラムに寄付させて頂きます.

キャンセル待ち枠のみ募集中